糖尿病の糖」カテゴリーアーカイブ

エネルギー源はブドウ糖が中心

私たちの活動の実際にエネルギー源になるのが、糖質の中でもブドウ糖が中心で、糖尿病の糖とは、ブドウ糖のことを指します。このブドウ糖は、主食として食べたご飯やパン、麺類などが胃や腸で分解されてできます。
このような私たちの体の中での物質の転換、すなわち、私たちが食べた食べ物の栄養素を分解し、体をつくる材料を合成したり、エネルギーに変えて運動に使ったりする働きとプロセスを代謝といいます。
続きを読む

主なエネルギーは糖質に依存

ものを持ち上げたり、走ったりといった私たちの活動には、エネルギーが欠かせません。しかし、こうした活動だけでなく、血液が体内を循環し、胃腸が働き、新しい物質が合成される、といったことなどにもエネルギーが必要です。
このエネルギーを得るために、私たちは食物を摂ります。食物には、3大栄養素といわれる糖質、タンパク質、脂質などが含まれています。タンパク質は、私たちの体を形づくる細胞を構成する物質の材料になるだけでなく、エネルギー源にもなります。また脂質もエネルギー源になります。しかし、主なエネルギーは実は糖質に依存しています。
続きを読む