糖尿病のこと」カテゴリーアーカイブ

高血糖が体をむしばむ

高血糖の状態が何年も続くと、体内のブドウ糖をエネルギーに変えるなどの働きが悪くなり、また、タンパク質や脂質の利用も悪くなっていきます。
さらに、そういた代謝異常による影響が体中の血管や神経にも及び、異常をもたらします。
こうして最終的には、全身のいろいろな臓器の働きが低下してしまうのです。
このため、糖尿病は単に血糖値が高くなる病気としてとらえるだけでなく、高血糖をきっかけにして全身をむしばむ全身病と考える必要があります。
続きを読む

尿の中に糖が出る病気?

糖尿病というと、その名称から「尿の中に糖が出る病気」と思われがちです。
たしかに、尿にブドウ糖が漏れ出すこともあります。
しかし、その出方は患者によってまちまちで、中にはまったく出ない人もいます。
このため、正しくは、高血糖が糖尿病の本質とみなされるのです。
続きを読む

糖尿病の本質

糖尿病とは、インスリンの作用が不足して起こる病気です。
インスリンの作用が不足するため、ブドウ糖は利用されにくくなり、体内にだぶついて血液中に溜まります。
当然、血糖値は高くなり、その状態が慢性的に続くことになります。
この状態を高血糖と呼び、これが糖尿病の本質です。
続きを読む