高血糖が体をむしばむ

高血糖の状態が何年も続くと、体内のブドウ糖をエネルギーに変えるなどの働きが悪くなり、また、タンパク質や脂質の利用も悪くなっていきます。
さらに、そういた代謝異常による影響が体中の血管や神経にも及び、異常をもたらします。
こうして最終的には、全身のいろいろな臓器の働きが低下してしまうのです。
このため、糖尿病は単に血糖値が高くなる病気としてとらえるだけでなく、高血糖をきっかけにして全身をむしばむ全身病と考える必要があります。
続きを読む

ランゲルハンス島

ランゲルハンス島は、膵臓の中にあるホルモンを分泌する細胞群のことです。
島のように見えるところから、発見者の名前をとって名付けられたものです。
大半はインスリンを分泌するβ細胞ですが、グルカゴンというホルモンを分泌するα細胞などもあります。
続きを読む

エネルギー源はブドウ糖が中心

私たちの活動の実際にエネルギー源になるのが、糖質の中でもブドウ糖が中心で、糖尿病の糖とは、ブドウ糖のことを指します。このブドウ糖は、主食として食べたご飯やパン、麺類などが胃や腸で分解されてできます。
このような私たちの体の中での物質の転換、すなわち、私たちが食べた食べ物の栄養素を分解し、体をつくる材料を合成したり、エネルギーに変えて運動に使ったりする働きとプロセスを代謝といいます。
続きを読む

インスリンは血糖を下げる働きをする

血糖値が正常より高くなると、インスリンというホルモンが血糖を下げる働きをします。
インスリンは、胃の後ろ側にある膵臓という臓器から分泌されます。膵臓には、ランゲルハンス島という特別な細胞の集まりがあって、この細胞集団の中でもβ細胞という細胞がインスリンをつくったり、貯蔵したりしています。
もとより、このインスリンは、ブドウ糖をエネルギーに変える働きを担っているホルモンです。ですから、血液中のインスリンは、ブドウ糖が筋肉の細胞などでエネルギーとして使われるのを助ける働きがあります。また、脂肪組織の中でも、ブドウ糖を脂肪に作り変えたり、蓄えられている脂肪が分解されるのを抑えたりします。これらインスリンの働きのいずれもが、血液中のブドウ糖を減らすことにつながり、血糖が下がるというわけです。

http://salacia-neo.com/salacia100/
続きを読む

尿の中に糖が出る病気?

糖尿病というと、その名称から「尿の中に糖が出る病気」と思われがちです。
たしかに、尿にブドウ糖が漏れ出すこともあります。
しかし、その出方は患者によってまちまちで、中にはまったく出ない人もいます。
このため、正しくは、高血糖が糖尿病の本質とみなされるのです。
続きを読む